こんばんはnazo2000でーす。
NNのかつての栄光に陰りが出てきました。

 

「Netscape8」
2005年リリース。Mozilla独立後初バージョンです。
このバージョンも日本語版がありません...。
2005年2月17日、Netscape 8 Betaがリリース予定でしたが、
いくつかのバグを修正するため
3月3日まで遅れる事となりました。
名称を
Netscape Browserへと変更し、動作環境をWindows、
ユーザインタフェースに用いる言語を英語に限定して配布しています。(゚Д゚)ゴルァ!!
デフォルトで2種類のデザインをパッケージに含み、
そのうちのFusionと呼ばれるテーマはタイトルバー部分をWindowsのLunaや
Classicなどに依存しない独自のスタイルでデザインした特徴的なものとなっています。

2005年3月3日、Netscape 8 Betaがリリースされました。
同年5月20日にはMozilla Firefox 1.0.3をベースに正式版が発表されましたが、
Firefox 1.0.4で修正された脆弱性に未対応だったため、
公開の数時間後にアップデートが行われています。(`□´)コラッ!
しかし、8.0.1には、エンジン切り替え機能に不具合があり、
Internet ExplorerのXML関連機能に障害を発生させることが確認されたため、
不具合を修正した8.0.2が公開されました。
その後Firefox 1.0.5で修正された脆弱性の中で、
特に重要度の高い脆弱性に対処した8.0.3.1が公開されましたが、
左クリックによるダウンロードが正常に作動しない不具合があったため
いったん8.0.2に戻され、8月9日には各バグを取り除いた8.0.3.3が公開されました。
なお、2006年9月のバージョン8.1.2のリリース時はほとんど日本で
報道されなかったが(理由は不明)、8.1.3については報道されている。(なぜ?)

Mozilla Firefoxをベースに作られており、またWeb表示上の互換性問題を解決するために、
これまでNetscape/Mozillaが使ってきたGeckoエンジンとTridentとを
切り替えて使うことができるようになっている点を大きな特徴とする。
サイトコントロール機能も追加され、ドメインごとにセキュリティ設定や
ブラウザエンジンを指定することが出来るようになりました。
しかし、この機能はActiveXコントロールを用いてIEのブラウザエンジンを
呼び出しているものであるため、基本的な機能はIEのブラウザエンジンに依存しています。
(すっかり落ちぶれちゃって...) 

天気予報の機能も利用できますが、日本国内での利用を
想定しているわけではないため日本国内の天気予報は利用できません。

廃止されたメール機能は代わりにウェブメールとして
Netscape Webmailボタンのツールバーに組み込む形で提供され、
ブラウザからのツールバーのボタンを押せば、
直接Netscape Webmailのページに移動できるようになっています。

8.1以降はブラウザにセキュリティセンター機能が実装され、
パスワード漏洩やスパイウェアの侵入を防御できる機能も追加されています。
(レジストリまた不要になりました。)


これまた、前回と同じく有志が日本語版を作ってくれました。
うれぴー!!

ダウンロード先→こちら
                             日本語化パック(これは、インストーラーではありません)

サルベージ版→現在工事中(メールで受け付けます) 

こうやって落ちぶれていく過程を見るのは、耐え難いですね。
あの栄光よ、再び戻ってこい !