こんばんはnazo2000でーす。



Officeシリーズの第5弾、
XP,Vista最終サポート、最後のまともなOffice...
2010ダーーーーーーー!!!


「Office2010」
2010年6月17日発売。日本語版にのみアップグレード版も用意されています。
また、初めて 64ビット ネイティブ版も登場しました。
「Office Web Apps」は、同年6月15日に提供されました。 
全製品に Fluent User Interface(リボン UI)が採用され、
統一された操作性が提供されるようになりました。ファイルメニューが
改良され、履歴の参照や印刷プレビューなどの表示が以前よりも
わかりやすくなっています。また、IME 2010 が Office の正規ユーザー
(Office XP以降)に無償で提供されるようになりました。
化粧箱も Windows 7 のパッケージと同様の素材・様式に改められました。
このバージョンから、プレインストール製品の初回起動時のプロダクトキーの
入力及び、ライセンス認証が必須となりました。前バージョンまでは、
メーカーがプレインストール時に、ライセンス認証が不要な
(インストールした時点でライセンス認証は完了していますと出る)
特殊なプロダクトキーでインストールしていたため、
初回起動時は使用許諾契約書の確認のみでした。
再インストールの際は、CD ケースの裏に記載されたプロダクトキーを用いて
インストールする必要があるのでライセンス認証は必須。日本以外の国で
リリースされた Office には既にこの仕組みが導入されていましたが、
本バージョンから日本国内にも導入された[。この措置は、
その特殊なプロダクトキーをプロダクトキーを確認するソフトを用いて
取り出すことや、レジストリのデジタルプロダクト ID の記述を
コピーすることによって、無制限にインストールされてしまうという盲点を
回避するための変更と思われます。
2020年10月13日限りでサポート終了予定。

ダウンロード先→sp1-32bit
                                sp1-64bit
                                sp2-32bit
        sp2-64bit
サルベージ版→現在工事中(メールで受け付けます)



次回は、flash系をいきたいと思います!