こんばんはnazo2000でーす。
今回も、またまた.NETシリーズでーす!


 「.NET Framework 3.0」
2006年より使われております。
もともと「WinFX」という名称で提供される予定でしたが、
 Vista, Server 2008には標準搭載されています。
しかし、Windows XPより前のOSでは動作しなくなりました(`・д・´)
クラスライブラリやCLRなどの基盤は.NET Framework 2.0から変更されてなく、
以下の4つの新しいテクノロジーを加えたものとなっています。
Windows Presentation Foundation (WPF)
XMLに基づく新しいユーザインタフェースサブシステム。
Windows Communication Foundation (WCF)
新しい通信サブシステム。
Windows Workflow Foundation (WF)
ワークフローによるアプリケーション開発のためのフレームワーク。
Windows CardSpace (WCS)
ユーザの個人情報をセキュアに管理し、統一されたアクセス方法を提供するためのフレームワーク。

ダウンロード先→本体
                             sp2 x64
                             sp2 x86
サルベージ版→現在工事中(メールで受け付けます) 


 「.NET Framework 3.5」
2007年より使われております。 
Windows 7に標準搭載されていて、Visual Studio 2008以降で開発可能。
Windows 8以降では既定で無効化されており、
インターネット接続もしくはインストールメディアを利用して、
明示的な有効化すなわちインストールが必要となっています。(winupの速度低下の原因)
バージョン3.0と同様、CLRのバージョンは2.0のままで、いくつかの追加が行われています。.
また、J#言語が開発言語として対応を終了しました。

主に含まれる変更点は

  • ASP.NET AJAXの対応
  • Language Integrated Query
  • C#VBコンパイラの変更

ですね〜


ダウンロード先→SP1
                            本体
サルベージ版→現在工事中(メールで受け付けます)